BLOG

6月やーい(´∵)

2020.6.9

おはようこんにちこんばんは!
アシスタントの宮本です\(´ω` )/
ついこの間一人Cafeを楽しんできました( ´◡͐︎`)
よく行くかなうカフェでまったりお一人様タイム( ˘ω˘ ) 
チョコレートケーキを頂いてきました!

おいしかったですblush

さてさて6月ですね!

梅雨入りの時期!湿気が気になりすね!

湿気によって髪がまとまりにくくなったり、メイクが崩れやすくなっちゃったり女性ならではの悩みが多くなりますが、もちろん女性にかぎらず男性にとっても「頭皮のかゆみ」「臭い」など悩みどころです!crying

 

湿気によって

▽頭皮がかゆくなる

▽臭いが気になる

▽頭皮がベタつく

 

こういったお悩みの方が増えます!

なぜそうなるのか説明したいと思います!cool

皮膚にはもともと常在菌などが棲息していて

こうした細菌は「水分」「温度」「栄養」があることで増えていきます。

洗髪後に頭皮を乾かずに寝ちゃったり

汗をかいた後の状態を放置したりすることによって頭皮の皮脂分泌が盛んになっちゃいます!

…つまり夏の気温上昇や汗などの湿気が菌の栄養素になってるので頭皮環境は細菌にとってこのうえない好環境って事です!

 

って事は、「皮脂分泌」「夏の暑さ」「水分=湿気」のどれかをどうにかしたら細菌は繁殖しにくくなるということですね!devil

対策としては

1→日中、頭皮に汗をかいたら、ハンカチなどで頭皮をおさえて汗を拭きとる

2→シャンプーのしかたを見直す(詳しくは次の章に記します)

3→洗髪後に、頭皮(髪の根本)から、しっかりドライヤーでを乾かす

4→ドライヤー使用時、温風の後に冷風をあてておくとなお良き

この4つの方法が考えられます!

2つ目のシャンプーのしかたを見直すって?

って思ってる方!

それはこれから説明したいと思いますwink

皆さん汗をかいた後の頭皮のベタベタは気分が悪いですよね!

わかります(´∵)

そんな時すっきりシャンプーしたいですよね?

暑い時期になると汗が気になるからといって、朝夜問わず一日に何度もシャンプーする人が少なからずいます

でもそれ、ダメなんですbroken heart

そうした場合、シャンプー剤に含まれる成分の強さによって、かえって皮脂分泌を盛んにさせてしまい、ベタつきの原因を招く事があるります!何故か??

それは頭皮や肌のトラブルを防ぐのにもともと体に本来備わっているバリアがわりの皮脂膜を取りすぎるからなんです…

取りすぎないことによって肌や頭皮の健康が保たれてます!

 

シャンプーの正しいやり方angel

・ 最初に(37〜39°ぐらい)ぬるめのお湯で、地肌を濡らすイメージでしっかり流す

・ シャンプーの原液を直接地肌につけない

(手のひらに伸ばして髪につけて泡立てる)

・ 手でシャンプー剤をしっかり泡立ててから、頭皮と髪を優しく洗っていく

・ 爪を立てたり、強い力で地肌をこすらない

(指の腹で洗う)

・ シャンプー剤もコンディショナーも地肌に残らないよう、しっかり洗い流す

・ シャンプー後にしっかりタオルドライし、すぐにドライヤーで乾かす

これが頭皮に良きな方法です!

 

他にも食事や紫外線、冷房なども気をつけていただくとなお良きでしょう!

紫外線や冷房は頭皮の乾燥を招いて痒みに繋がってきます!

なかなか治りにくいので気をつけていただければと思います!blush

 

以上!宮本がお送りしました!kiss

 

« 講習 シャンプー »

記事一覧へ

Page top